topimage
イメージ画像

詐欺被害とは何か

新聞やインターネットのニュースには「詐欺被害」という言葉が度々登場していますが、実際に被害に遭われていない方は、その手口や実際の被害について、あまり詳しく知らないのではないでしょうか。


詐欺被害に遭う人と遭わないひとがいますが、では、どういった人が遭いやすく、また遭わない人はどうして遭わないのでしょうか。


そういう視点で検証していくことで、被害の実態や手口を知ることができ、または被害の減少につなげることが出来るのではないかと考えています。


まずは、詐欺行為に利用されるものですが、主に、振り込め詐欺・社債詐欺・出会い系詐欺・競馬情報詐欺・競馬予想詐欺などがあります。


更に細かくカテゴライズすると、まだまだたくさんの種類があります。

結論を言ってしまえば、この社会にある、ほとんどすべてのことが詐欺の手口になっていると言っても過言ではないと思います。


イメージ

そう考えると、まさかこれが詐欺?というようなことも十分に起こりえると思います。

多くの詐欺行為は、プロの集団によって行われるものです。


中には、周到に時間をかけて行われるものもあり、騙されていたと気づくまでに時間がかかるものもあります。


あとになって冷静に考えれば「なんでこんな簡単な手口の詐欺に引っかかったのだろう」と思うものですが、詐欺とは人の欲望に浸け込んで巧みに勧誘してくるものですので、渦中にいる人は、なかなか気付けないものであることも確かです。


しかし、そのような考えでは詐欺被害を食い止めることが出来ませんので、ここでは詐欺被害とは何か、詐欺被害に遭わないためにはどうすればよいか、またもしも詐欺被害に遭ってしまったらどのように対応すべきかを考えていきたいと思います。


実際に行われた詐欺行為の手口も紹介していきますので、もしかしたらわたしも騙されているかも?という方がいましたら、早めに警察などへご相談くさだい。

お問い合わせはこちら